ホーム > ニュースリリース > 2022年

2022年 ニュースリリース

 サービス・技術

水をくむだけの新しい両生類の調査法を開発

長浜市記者クラブ、京都大学記者クラブ、文部科学記者会、科学記者会、兵庫県教育委員会記者クラブ、神戸民放記者クラブ、大阪科学・大学記者クラブに配信【記者発表資料全文 (608KB)

神戸大学の坂田雅之学術研究員、源利文教授らと、長浜バイオ大学の倉林敦准教授ら、いであ株式会社の中村匡聡ら、京都大学の西川完途准教授など7つの機関からなる国際共同研究グループは、両生類(カエル類・イモリ類・サンショウウオ類)の体表の粘液や糞などとともに水中に放出された微量なDNA(環境DNA)を分析可能な増幅してまとめて分析することによって、棲んでいる両生類の種類を判定する技術を開発しました。

この技術は捕獲や目視などこれまで調査者の専門的知識や天候・季節などに結果が左右されがちだった従来法に対し、水を汲むだけで誰でもそこにすむ両生類を調べることができる画期的な手法となることが期待されます。

本研究成果は、2月21日(月)16時(日本時間)に、オンライン国際学術誌「Metabarcoding and Metagenomics」に掲載されました。

神戸大学Webサイト 

Metabarcoding and Metagenomics 

ページトップへ