ホーム > 採用情報 > 先輩社員の仕事紹介 > 生態・保全部

先輩社員の仕事紹介

生物部門
沖縄の海のスペシャリストに
沖縄支社 生態・保全部  K.A(2018年入社)
海洋学部 水産学科 生物生産学専攻修了
先輩社員の仕事紹介

入社のきっかけ

私は小さい頃から生き物に興味があり、水棲生物を採集・飼育していました。もっと水棲生物に関して勉強したいと思い、入学した大学では、北限域のサンゴ群集を対象に潜水調査を行い、サンゴとガンガゼに関する研究を行いました。その経験から、将来は現地調査の技術・経験・知識を活かせる職に就きたいと思い、環境調査業界を中心に就職活動を行い、環境のトップコンサルタントである「いであ」で仕事がしたいと考え志望しました。

私の仕事

  • 潜水調査の風景
    潜水調査の風景

私の部署は主に沖縄県内全域の環境調査、環境影響評価、保全措置の検討等を行っています。調査対象は、海域・陸域の生物分野から水質・測量等の環境調査分野と多岐に渡り、航空調査から潜水調査まであらゆる方法で調査を行います。その中で私は主に海域調査に携わっており、プランクトンや魚類のサンプリング調査では、朝から夕方まで調査船に乗っています。サンゴ礁や海草等の沖縄特有の生態系調査では、スキューバダイビングで潜水調査を行っています。

また、沖縄本島北部にある亜熱帯環境研究所では、広大な野外水槽の中で沖縄固有種等の飼育・実験を担当しています。社内では現地調査での気づき等を活かしながら、調査データの整理や解析、報告書の作成を行っています。

職場環境

  • オフィスでの作業風景
    オフィスでの作業風景

私の部署は、若手社員からベテラン社員まで仲が良く、自分の考えや意見を発言しやすく、仕事中でも常に笑顔のある職場です。また、休日には職場の人と釣りやダイビング、キャンプに行き、沖縄の大自然を体感しながらコミュニケーションを取っています。

やりがい・将来の夢

私の仕事は現地調査が多く、特に潜水調査では普段見ることができない海の中の世界を調査しています。海の中は分からないことばかりですが、非常に面白く、やりがいを感じます。将来は、海域生物から陸域生物までどんな生物でも対応できるゼネラリストになり、特にサンゴや魚類については誰にも負けないスペシャリストになりたいです。

メッセージ

就活等で忙しい時期だと思いますが、学生のうちにしかできないことに全力で取り組んでください。そして、自分のやりたいことを見つけだし、残りの貴重な学生生活を充実したものとなるよう、夢に向かって突き進んでください。

ある1日のスケジュール
ページトップへ