ホーム > IR情報 > 株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ

田畑日出男会長株主の皆様には、平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経済の不透明な状況が続く中ではありますが、自然災害からの復旧・復興、防災・減災対策、国土強靭化の取り組みの加速・深化、将来を見据えたインフラ老朽化対策の推進、交通の安全・安心の確保、東日本大震災からの復興・創生、気候変動対策、生物多様性の保全と持続可能な利用、環境リスクの管理などの当社グループの強みを活かせる分野に政府の予算が重点配分されたことから、当社グループを取り巻く市場環境は、比較的堅調に推移いたしました。

このような状況の中、当社グループは第52期からスタートした第4次中期経営計画(2019~2021年)において、「イノベーションとマーケティングによる市場創生・新規事業の展開と海外事業の拡大」をスローガンに掲げ、より強い経営基盤の構築と安定的な成長を目指してまいりました。また、新型コロナウイルス感染症拡大への対応として、食品・生命科学研究所(大阪市)および環境創造研究所(静岡県焼津市)を衛生検査所として登録し、PCR検査の体制を整備することで社会的な要請に応えるとともに、社員の健康や安全を確保して企業活動を継続いたしました。

その結果、第4次中期経営計画において、2023年の目標に定めた売上高、利益目標を計画2年目で達成することができました。

第53回定時株主総会では、役員改選と引き続き開催した取締役会を経て、田畑社長が再任され、さらなる事業環境の変化に対して、より迅速に意思決定を行うための機動的かつ活力ある体制が構築されました。今後につきましては、この体制のもと第4次中期経営計画をさらに推進し、特に8つの重点課題に注力することにより、来年からの第5次中期経営計画への着実な道筋をつけ、持続的な利益確保と企業価値のさらなる向上を目指してまいります。

社会の価値観やニーズが急速に多様化・高度化する中、当社グループの人材、技術力、施設・設備、情報などの経営資源を最大限に活用・集中投入して積極的な技術開発を行い、一歩先を見据えた新たな事業展開と営業展開により社業を発展させ、安全・安心で快適な社会の持続的発展と健全で恵み豊かな環境の保全と継承を支える総合コンサルタントとしての社会的な使命を果たしてまいります。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2021年3月 
ページトップへ