ホーム > CSR活動 > 環境への取り組み > 生物多様性保全への取り組み

環境への取り組み

生物多様性保全への取り組み

事業を通じた生物多様性保全

当社は、主に事業を通じて生物多様性保全の推進、環境共生型施設等の提案を行っています。「生物・生態系の調査・解析」「生物多様性の保全・再生」に関する幅広い専門分野のスタッフにより、高度な技術や実験施設を活用した研究開発を行っており、事業を通じて生物多様性の保全に資する取り組みを実施しています。

生物多様性保全に関するボランティア活動

<柿田川外来種駆除活動(2014年)>
  • 柿田川における外来種駆除活動
    柿田川外来種駆除活動

柿田川は静岡県駿東郡清水町のほぼ中心部を南北に流れる狩野川の支川であり、富士山上部の融雪水や富士山斜面への降雨が、新富士古期溶岩流の1つである三島溶岩中に入り込み、その末端で沖積層を貫いて湧出した地下水を水源とします。近年、オオカワヂシャやノハカタカラクサ等の侵略的外来種が急速に分布を拡大し、ミシマバイカモ等の在来植物の生育を脅かしています。ミシマバイカモ、ヒンジモ、カワヂシャ等の貴重な在来水生植物の保全・再生を目的に、オオカワヂシャ等の駆除活動に参加しました。

<彼杵川における地域住民による河川環境保全活動(2015年)>
  • 東彼杵町からの感謝状
    感謝状

当社では2015年度に、社会貢献の一環として「長崎県彼杵川における地域住民による環境保全活動」に参加・協力しました。彼杵川では、東彼杵町および地域住民等により、アユやゲンジボタルを対象とした保全活動を実施している他、近隣の彼杵小学校では校内でビオトープづくりを計画しています。当社は、これら活動の全体に関わり、取水堰におけるアユ遡上のための現地実験の補助、アユのための人工産卵場の創出、ビオトープ計画案の検討等を行いました。これらの活動については、2016年度も引き続き参加していく予定にしています。

上記活動について、東彼杵町より感謝状をいただきました。

環境教育活動

当社は、生物多様性保全に関して、当社の技術・施設を活用した環境教育を行ったり、各地の環境イベントに出展したりしています。詳しくは、地域社会への貢献の「教育支援活動」をご覧ください。

ページトップへ