ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 水害に強いまちづくり事業検証等業務

プロジェクト紹介

水害に強いまちづくり事業検証等業務

水害に強いまちづくりプロジェクト
吉田川 新たな「水害に強いまちづくりプロジェクト」 主な取り組みメニュー
事業区分 建設コンサルタント事業
分野 河川・砂防
実施事項 防災まちづくり
発注者 国土交通省東北地方整備局北上川下流河川事務所
実施年度 2019
位置 宮城県大崎市、大郷町、松島町(一級河川吉田川)
概要
吉田川が接する地域(大崎市、大郷町、松島町)では、昭和61年8月洪水を契機とした「水害に強いまちづくりモデル事業」に取り組んできましたが、令和元年台風第19号により吉田川の堤防が決壊し、甚大な被害が発生しました。これに対し「令和元年台風第19号による大規模浸水被害対策分科会」が組織され、新たな治水対策が議論されました。
本業務では、住民や行政関係者に対するアンケート調査を用いて「水害に強いまちづくりモデル事業」を定性的に評価し、新たな治水対策メニューを抽出するとともに、分科会の運営を補助し、吉田川・新たな「水害に強いまちづくりプロジェクト」の中間とりまとめを行いました。
キーワード 防災まちづくり、減災対策、効果検証、アンケート調査、水防災事業
管理技術者 有田 茂
担当技術者 松田 明浩、中本 克己、勝又 雅博、相馬 美咲、小澤 宏二
表彰 局長表彰(会社)
ページトップへ