ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 平成30年度 四万十川環境管理基図作成業務

プロジェクト紹介

平成30年度 四万十川環境管理基図作成業務

平成30年度 四万十川環境管理基図作成業務
左:UAVによる空中写真の例(中筋川のツルの里づくり実施箇所)
右上:群落組成調査の実施状況、右下:UAVによる空中写真撮影の実施状況
事業区分 環境コンサルタント事業
分野 自然環境保全
実施事項 河川水辺の国勢調査
発注者 国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所
実施年度 2018
位置 四万十川・後川・中筋川(高知県四万十市)
概要
河川水辺の国勢調査の一環として、渡川水系の直轄管理区間(四万十川・後川・中筋川)の河川環境基図作成調査を実施しました。河川環境基図とは、河川内を対象として、植生図(植物群落のまとまり)、瀬・淵・干潟等の分布状況や河川構造物等の情報を地図上に整理したものです。
現地調査は、陸域調査(植生図作成、群落組成調査、植生断面調査)および水域調査を実施しました。UAV(ドローン)による空中写真撮影を行い、最新の環境変化をあらかじめ把握したうえで現地調査を実施し、精度の高い河川環境基図を作成しました。
成果取りまとめとして、出水の状況や河川整備の実施状況と植生分布との関係を分析したほか、重要種、外来植物群落、自然再生事業の指標種であるツル類やアユの生息環境等の経年変化を整理・考察しました。
キーワード 河川環境基図、河川水辺の国勢調査、河川環境、河道内樹木、貴重植物、ドローン
管理技術者 村手 達佳
担当技術者 養田 勝則、淀 真理、井上 健彦、山田 直季、布部 淳一、一瀬 弘道、冨樫 忠志、近田 恒久
表彰 所長表彰(会社・個人)
ページトップへ