ホーム > ニュースリリース > 2022年

2022年 ニュースリリース

 サービス・技術

ライチョウの糞から採食した植物を高精度で同定する精密DNA解析技術を開発

中部大学応用生物学部の藤井太一助手、上野薫准教授、南基泰教授らの研究グループと環境保全のコンサルティングなどを手がけるいであ株式会社の環境創造研究所共同で、次世代DNAシーケンサーを用いてニホンライチョウ(以降、ライチョウ)の糞からライチョウが採食した高山植物を種(しゅ:生物分類上の基本的単位)のレベルで高精度に同定する技術を世界で初めて開発し、その技術を用いて北アルプスに生息するライチョウの主要な餌資源となっている49種3属1科の合計53種類の高山植物を同定することに成功しました。

採取した糞サンプルの約70%にツツジ科のクロウスゴとガンコウランが含まれていたことから、これらの高山植物がライチョウの主要な餌資源となっていることが初めて明らかになりました。また、糞20サンプルを本技術で解析することで、その時期の主要な植物性餌資源の約90%を解析可能であることも明らかになりました。本技術は、ライチョウ生息地での長期間にわたる直接観察を必要とせず、観察者の接近によるライチョウへのストレスもなく、ライチョウの植物性餌資源を担保した保全活動への貢献が期待できます。

本研究成果は2022年3月10日付で米科学誌PLOS ONE(電子版)に掲載されました。

関連リンク

中部大学プレスリリース(2022年3月22日) 

PLOS ONE(電子版) 

「ライチョウDNA研究、中部大が成功 食べた植物、フンで特定 個体保護、生息地保全に期待 /愛知」(毎日新聞 2022年4月5日) 

ページトップへ