ホーム > ニュースリリース > 2019年

2019年 ニュースリリース

 サービス・技術

「インフラメンテナンス大賞」優秀賞受賞のお知らせ

この度、当社の「水中3Dスキャナーを活用した水中可視化技術」が、第3回「インフラメンテナンス大賞」の優秀賞を受賞しました。

インフラメンテナンス大賞は、日本国内の社会資本のメンテナンス(以下「インフラメンテナンス」という。)に係る優れた取組や技術開発を表彰し、好事例として広く紹介することにより、我が国のインフラメンテナンスに関わる事業者、団体、研究者等の取組を促進し、メンテナンス産業の活性化を図るとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図ることを目的として実施するものです(国土交通省Webサイトより)。

国土交通省報道発表資料:https://www.mlit.go.jp/report/press/sogo03_hh_000221.html

受賞技術の概要

水中3Dスキャナーは水中の構造物や水底の詳細形状を高精度・高密度な点群データとして計測する音響機器です。本来は水底に静置した状態で計測を行いますが、当社ではクローラ型運搬機に搭載することにより陸上からの計測を可能としました。また、動揺センサーと組み合わせて調査船や ROVへ艤装・搭載し、航行・浮遊状態での計測も可能としました。本技術により水中可視化の密度・精度と効率性・経済性が飛躍的に向上しました。

関連技術資料:水中3Dスキャナ搭載ROVによる水中調査

ページトップへ