ホーム > 会社情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

田畑彰久社長田畑日出男会長いであ株式会社は、1953年の創立以来、常に問題意識を持ち、時代とともに変遷する社会的課題を捉え、事業を通じて社会に貢献すべく歩んできました。高度経済成長に伴う公害問題が健在化する中、環境コンサルタントの先駆者として環境の調査、解析や評価手法の開発を行い、環境問題の解決に尽力するとともに、多くの開発・整備事業の推進を支援してきました。

21世紀に入り、日本建設コンサルタント株式会社との合併を経て、経営理念の冒頭に示すとおり「社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタント」として事業を展開しています。主に、環境科学のトップコンサルタントとしての技術を生かしたサービスの提供や社会基盤整備の提案を行っており、非常に高い公共性が求められているため、その推進にあたっては何よりも社会から信頼される企業でなければならないと考えています。

いま、日本および世界は大きな変革のときを迎えています。高度情報化やグローバル化が急速に進展するとともに社会・経済構造は大きく変化し、社会的課題は「環境」「経済」「文化」「人権」「医療」「資源」など広範囲にわたり、相互に関連する複雑なものとなっています。そのような中、安全・安心で快適な社会の持続的発展をどのように実現しうるのか、新しい社会と自然とが相利共生し、次世代に恵み豊かな環境をどのように継承してくのか――Society 5.0で実現する社会に貢献するため、私たちコンサルタントはこれまで以上に、直面する新たな課題を解決するためのイノベーションの創出と、IoT・ロボット・AIなどの進化し続けるテクノロジーを取り入れたサービスの提供が必要となります。

新たな時代の変化・流れを的確につかみ、知的創造を通じて社会的課題に積極果敢に取り組んでいくことこそが未来を切り拓くことになり、SDGsへの貢献にもつながっていきます。

創業以来、「一歩先を見る努力と開拓者精神」をもって技術開発を行ってきた姿勢は社内に深く浸透し、企業文化を作り上げています。今後もこの姿勢を伝承し、高い先見性と強いリーダーシップにより新たな価値を創造し続け、総合コンサルタントとしての社会的使命を果たす決意です。

皆様方におかれましては、引き続きより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ