ホーム > 技術 > 技術資料 > トンネル壁面デザインによる交通安全対策

技術資料

トンネル壁面デザインによる交通安全対策
(実用新案登録:第3131789号)

ドライバーの運転感覚を利用した速度抑制効果等のある
交通安全対策の検討を提案します。
PDF版 (869KB)

走行空間の違いによってスピード感や危険性など運転感覚が異なりませんか?

このようなドライバーの運転感覚を利用して、ソフト的な対策により、低コストで高い速度抑制効果が期待できるような、交通安全対策の検討を提案します。

業務実績の紹介~都市高速道路におけるトンネルの壁面デザインの検討~

  • 阪神高速道路京都線稲荷山トンネル

対象となった道路は、阪神高速道路京都線稲荷山トンネルであり、トンネルを抜けた直後に交差点があり、視認性が確保しづらい都市高速道路の出口付近です。

速度超過のままで交差点に進入する恐れがあり、交通事故の発生が危惧されていました。

そこで、トンネル脱出時速度の抑制を目的としたトンネル壁面デザインを構築しました。

トンネル壁面デザインの特長

  • 施工済みのトンネル内
  1. スピード感覚をコントロールでき、自然とスピード感が高くなるデザイン
  2. ターゲット(速度超過者)に、的を当てられるデザイン
  3. 検討過程で動画アンケートを多用し、客観性を確保したデザイン
  4. 実物実験において効果が計測された実証的デザイン

検討実施項目

客観性のあるデザイン分析

  1. 模様の形、大きさ、設置間隔の検討
  2. 飽きや慣れ防止のための同一展開デザインの制限時間の検討
  3. 連続的で緩やかなデザイン変化の検討
  4. 色彩の検討 など

室内実験などによるデザインの客観的検証

  • 壁面デザインの展開と制動停止距離の実験結果

デザインの有無による走行時の感じ方の相違を客観的に検証

実証実験による効果計測

  • 実証実験による効果計測

デジタルタコグラフやプローブを用いた実際のドライビングによる実証実験による効果を計測

さまざまな道路空間要素への応用

  • 道路壁面への応用例
  1. 壁面デザインのみならず、遮音壁、反射シート、舗装、路面表示などへの応用
  2. 視覚的心理のみならず、振動、聴覚からのアプローチも可能

実績

実用新案登録:第3131789号『シークエンスデザインを施したトンネル』
〔阪神高速道路(株)との共同出願、阪神高速京都線稲荷山トンネル山科出口付近〕

ページトップへ