ホーム > 技術 > 技術資料 >ADCPボートを利用した洪水時の流量・河床変動計測技術

技術資料

ADCPボートを利用した
洪水時の流量・河床変動計測技術

ADCPボートにRTK-GPS、音響測深機を搭載することにより、
観測が困難な洪水時の流速分布・河床横断形状を時間連続的に計測し、
流量や河床形状の変動をとらえることができます。
PDF版 (488KB)

特長

高精度な流速分布の測定が可能

  • 特長

ADCP*1により水中に超音波を発射し散乱体(土砂や浮遊物)からの反射波の到達時間とドップラー効果による周波数の差異から流速の鉛直分布を測定できます。RTK-GPS*2によりADCP本体の位置を把握し、洪水流と機器の相対速度を求めることで、河床が移動し対地速度補正ができない洪水時においても高精度に流速の横断分布を測定できます。

*1: Acoustic Doppler Current Profiler(超音波多層流向流速計) の略
*2: Real Time Kinematic GPS の略

河床形状の横断・時間連続的な測定が可能

上記の機器に音響測深機を組み合わせることで河床横断形状を時間連続的に計測できます。

河積変動を考慮した流量の把握が可能

流速分布と河床形状を同時に測定することで、河積変動を伴う洪水時においても流量を正確に把握できます。

観測事例

観測事例

※本稿で紹介したADCPボートを利用した観測は、国土交通省国土技術政策総合研究所からの委託により実施しました。

ページトップへ