ホーム > 技術 > 技術資料 >MERDAS〈マーダス〉環境リアルタイムモニタリングシステム

技術資料

MERDAS〈マーダス〉
環境リアルタイムモニタリングシステム
(実用新案:第3117723号)

無人・低コストな環境監視に!
遠隔地の観測中のデータをリアルタイムで提供します。
PDF版 (1,378KB)

MERDAS〈マーダス〉の特徴

MERDASの特徴

システム構成

MERDASは、センサ部、データ保存・送信部、太陽電池パネル、データ受信・表示ソフトウェアから構成されます。

遠隔監視

携帯電話が通じる所であれば、いつでもどこでも遠隔地からのデータの監視が可能です。

小型・低コスト

設置、移設が容易に行えます。

マルチプロトコル

マルチプロトコル1)により複数メーカーのセンサが接続可能です。最大6台のセンサを1台の送信部に接続できます。2)

データ閲覧機能

WEBツールを使用しているため、特別なソフトウェアのインストールは必要ありません。

データロガー機能

電波状況により送信できない場合でもデータは現地のメモリーカードに保存されます。

1)メーカーにより異なるデータ通信手段に対応し、接続する方法。
2)JFEアドバンテック社製の有線センサシリーズ、YSI社製多項目水質測定装置、TRDI社製多層式流況測定装置、アナログ信号出力機器(風向・風速計(例:R.M.Young社製)、温・湿度計(例:VAISALA社製)、傾斜計(例:東京測器研究所))が対応可能です。その他の機器についてもご要望に応じます。

MERDASによる遠隔調査の概要

遠隔地の観測データは、MERDASによって送られた情報により、パソコンや携帯電話にリアルタイムに表示されます。

MERDASによる遠隔調査の概要

お客様のご要望に応じたカスタマイズ

お客様のご要望により、表示機能・解析機能などを追加できます。また、データ解析をお手伝いします。

お客様のご要望に応じたカスタマイズ

注意事項

  • MERDASの設定等に使用するパソコンのOSは、WindowsVista以上が必要です。
  • データ閲覧のためのインターネット環境は、お客様にてご契約いただきます。
  • 測定センサは、最大6台まで接続可能です。増設をご希望の場合はご相談ください。
  • MERDAS本体は、水深1mで30分間の耐圧・耐水性機能を備えていますが、太陽電池パネルはこの限りではありません。
  • データ保存・送信部は、(株)NTTドコモのサービスを使用するため、MERDASの設置場所はFOMAのサービスエリア*内となります。

*:(株)NTTドコモの携帯電話サービス(FOMA)とほぼ同じサービスエリアとなります。

受注実績

国土交通省、環境省、東京都、静岡県、鳥取県、愛媛県、関西空港株式会社

業務事例

流況・水質・気象データの遠隔モニタリング、水域の濁り監視、貧酸素水塊モニタリング

植物プランクトンの発生状況のモニタリング、構造物の傾斜状況のモニタリング

ページトップへ