ホーム > 技術 > 技術資料 >水中ビデオによる自動曳航撮影システム

技術資料

水中ビデオによる自動曳航撮影システム

有線方式の撮影であるため船上で撮影を確認・記録でき、
深場の砂泥域の海底を広範囲にわたり、安全性に優れかつ低コストで撮影できます。
PDF版 (818KB)
関連技術資料:曳航式水中放射線量測定システム 

特長

特長

深場を広範囲に撮影可能

  • 自動曳航撮影システムのイメージ
    ムレミカヅキモ
  • 水深60mまでの砂泥質海底を撮影
  • 船での曳航による、測線連続撮影
  • 計測機器の搭載により、底層の環境デ-タを取得

有線方式の撮影システム

  • 船上で撮影を確認・記録
  • GPSの併用により、撮影位置を再現
  • 撮影記録から底生生物の定量的な生息分布を解析

安全性に優れた低コストでの撮影

  • ダイバ-の減圧症が回避でき、安全に撮影
  • 長時間・低コスト・効率的な撮影

水中ビデオ自動曳航撮影システムの概要

ソリに搭載した水中ビデオカメラを海底面まで下ろし、GPSで位置出しをしながら約1ノットの速度で曳航して撮影します。船上では、撮影状況をビデオモニターで確認し、デッキで連続記録します。

システムによる調査イメージ

用途および今後の活用

深場の砂泥質での広範囲な撮影

  • 深場に生育する海草類分布調査
  • 海底に堆積した沈木、ごみの分布調査
  • 内湾での底生動植物の定量確認調査

今後の用途・活用

  • 内湾での貧酸素の発生機構と分布範囲調査
  • 観測用計器による水質の広範囲な分布調査
  • 航路浚渫、覆砂事業での海底状況確認調査
  • 危険水域(航路・サメ出没)での潜水調査
貧酸素発生機構調査イメージ
ページトップへ