ホーム > 技術 > 技術資料 > 河川・湖沼底質中のダイオキシン類簡易測定

技術資料

河川・湖沼底質中のダイオキシン類簡易測定

測定費用と測定時間を大幅に削減!調査計画からサンプリング、測定まで
ダイオキシン類簡易測定に関するすべてを承ります。

国土交通省「河川、湖沼底質中のダイオキシン類簡易測定法マニュアル(案)」に基づく簡易測定により、測定費用と測定時間を大幅に削減!調査計画からサンプリング、測定までダイオキシン類簡易測定に関するすべてを承ります。

測定方法

マニュアル(案)では、底質試料からダイオキシン類を抽出・精製し、ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS)法または生物法にて測定することになっています。

ガスクロマトグラフ質量分析(GC/MS)法

ガスクロマトグラフ(GC)および質量分析計(MS)を用いる分析方法で、MSとして以下の3種類が採用されています。当社では、すべての測定方法での分析が可能です。

  • 二重収束型MS
  • イオントラップ型MS(MS/MS)
  • 四重極型MS

ダイオキシン類分析の特徴

分析体制

  • 試料採取:各種環境水(排水から外洋水まで)・大気・土壌・排ガス・生体・底質など各試料の採取には、地域ごとの専門スタッフが対応します。
  • 技術者の経験・知識:ダイオキシン類の測定分析には、抽出・精製から質量分析に至るまでの一連の分析手法に精通した経験豊富な技術者・研究者が対応します。
  • 実験室環境:ダイオキシン類の微量有害化合物分析のため、各媒体ごとにケミカルハザード実験室を設計・設置しています。超微量分析に汚染を与えないため、実験室へは特殊フィルターおよび活性炭フィルターを通じた空気が供給されており、また排気に関しても同様のフィルターを通じて行っています。

当社開発技術

  • 分析
    PCB迅速定量法…PCBの定量を迅速・正確に行う測定方法
  • システム
    ダイオキシン類測定データ評価システム…ダイオキシン類のデータの妥当性を評価・判断するシステム
  • 機器
    大気:大気降下物採取装置(スタンダード型・改良型・条件分画型)
    水道水および環境水:微量有機化学物質濃縮装置(MEWS-2100)
    分析:化学分析用有機溶媒全自動蒸留精製装置(SOLDIS-M20)
    カラム・ポリウレタンフォームプラグ:ダイオキシン類測定分析用洗浄済みポリウレタンフォームプラグ、ダイオキシン類分析用カラム(BPX-DXN(SGE)、RH-12ms(Inventx))
ページトップへ