ホーム > 技術
技術の創造と学術の探究
技術

当社は、社会基盤整備と環境科学に関わる技術のプロフェッショナルとして、社会の信頼と最大の顧客満足を得られるよう、多様な分野の技術者と研究・実験施設、そして国内外の情報収集力を基盤に、技術の創造と学術の探究に努めています。

技術開発への取り組み

当社グループにおいては、中長期的に業務受注や事業拡大に資する技術開発に積極的に取り組んでおり、2016年度の研究開発費用は1億5百万円となりました。技術開発は、原則として市場創生・新規事業に参入するために実施していますが、既存業務分野に付加価値をつける個別技術、生産や調達を効率化・省カ化する技術等についても積極的に推進しています。

具体的には、老朽化が進む河川・港湾構造物や道路・橋梁等の長寿命化に向けた維持管理計画、近年激化する豪雨等災害の防災・減災対策、温暖化・気候変動の適応策や生物多様性の確保に向けた取り組み、再生可能エネルギーの活用検討、海洋政策を睨んだ海洋環境の調査および海洋資源探査に伴う環境・生態系調査、化学物質の環境リスクへの対応や人の健康と食の安全をサポートする生命科学関連事業等、当社グループが培ってきた技術・経験が活きる業務分野の拡大が見込めます。

当社グループとして、これらの受注拡大のチャンスを確実に手にするため、民間市場の開拓とこれら拡大が見込める重点分野に対応した新たな技術開発や設備導入を図り、技術・営業体制を強化いたします。

ページトップへ