ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 平成26年度 宮崎海岸海象流況観測・分析業務

プロジェクト紹介

平成26年度 宮崎海岸海象流況観測・分析業務

波浪や流況の観測結果等
当社は海岸の波浪や流況の観測をお手伝いしています。観測結果は地形変化との関連性を分析し、「宮崎海岸における台風による砕波帯内の波・流れと土砂移動」と題して土木学会論文集B2(海岸工学)にて発表しました。
左上下:土木学会発表スライド
右上(海上作業):波浪観測は海底に波浪計を設置して観測。観測機器の確認やデータの回収を目的とした保守点検作業を定期的に実施。
右下(陸上作業):台風時に来襲する波浪や波浪に伴う地形変化の状況を監視・解析することを目的と してインターバルカメラによる撮影を実施。
事業区分 環境コンサルタント事業
分野 環境調査
実施事項 波浪観測・流況調査
発注者 国土交通省九州地方整備局宮崎河川国道事務所
実施年度 2014
位置 宮崎海岸
概要
宮崎海岸における侵食対策モニタリングのための外力把握を目的として、波高・波向観測等の海象観測・流況調査を実施し、その分析を行いました。
砕波帯で波高・流況・潮位の各データを取得し、台風時の砕波帯内では波高が潮位と対応し、海浜流の流速が沖合波高と、流向が波向と対応し、潮位が高潮と波によって最大1m上昇することが分かりました。さらに観測値から推定した漂砂量と地形変化量が整合していることを確認しました。
また、埋設護岸と養浜に関して雨量計を設置し、雨量データと画像解析により、ガリー侵食(雨などの水による侵食)を含む養浜地形変化過程を把握しました。インターバルカメラの設置により台風時の埋設護岸の越波と変状を監視・解析しました。
キーワード 波浪観測流況調査サーフ・ビート、海岸保全、海浜流
管理技術者 杉浦 幸彦
担当技術者 高島 創太郎、石崎 公康、大野 正博
表彰 所長表彰(会社)
ページトップへ