ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 平成25-26年 希少猛禽類モニタリング調査・検証

プロジェクト紹介

平成25-26年 希少猛禽類モニタリング調査・検証

主な調査対象としたクマタカ
主な調査対象としたクマタカ
事業区分 環境コンサルタント事業
分野 自然環境保全
実施事項 希少猛禽類調査
発注者 独立行政法人水資源機構筑後川局朝倉総合事業所
実施年度 2013~2014
位置 福岡県朝倉市、朝倉郡東峰村
概要
小石原川ダム建設事業に関わる環境保全の一環として、ダム建設予定地周辺において、クマタカを主体とした猛禽類を対象とした現地調査を実施しました。
現地調査では、猛禽類の生息状況と工事との関わりを把握することを目的とし、猛禽類の行動を子細に観察するとともに、繁殖状況を確認しました。
調査結果のとりまとめでは、既往調査の成果も含めて結果を整理し、猛禽類に対する環境保全対策の効果を検証するとともに、今後の環境保全対策について検討しました。
キーワード 生物モニタリング調査、ダム周辺環境、希少猛禽類、鳥類調査、環境影響評価、クマタカ
管理技術者 村手 達佳
担当技術者 松村 弘、増田 智久、一瀬 弘道
表彰 理事長表彰(会社・個人)
ページトップへ