ホーム > サービス > プロジェクト紹介 > 四国横断自動車道 吉野川地形変動解析検討

プロジェクト紹介

四国横断自動車道 吉野川地形変動解析検討

洪水時の河口部地形変化
事業区分 建設・環境連携事業
分野 環境評価
実施事項 動植物調査・河口地形変化予測・橋梁タイプ検討
発注者 西日本高速道路株式会社 四国支社 徳島工事事務所
実施年度 2014
位置 吉野川河口域
概要
四国横断自動車道徳島東IC~徳島JCT間の一級河川吉野川河口部において設置予定の橋梁、橋脚が周辺環境に与える影響について以下に挙げる調査や検討を行い、比較案の中から橋梁タイプを選定しました。
  • 鳥類調査(河口域を飛翔する鳥の飛翔高度を把握)
  • 底生生物、貝類調査(橋脚設置予定場所の底生生物の把握)
  • 地形変化予測(洪水、波浪のそれぞれに対して、橋脚位置毎に橋脚回り、河口砂州の地形変化への影響把握)
キーワード 3次元解析、河床変動計算、モニタリング、鳥類調査底生生物調査
管理技術者 加藤 憲一
担当技術者 杉浦 幸彦、口石 孝幸、藤川 淳一、笠井 賢治、田中 真規子、 益子 理、加地 智彦、吉松 健太郎
表彰 工事事務所表彰(会社)
ページトップへ