ホーム > サービス > 自然環境の保全・再生・創造 > 生物試験

自然環境の保全・再生・創造

生物試験 -水生生物に対する影響を生物試験で評価-

当社は、さまざまな水生生物種を用いた試験や実験に対応します。生物試験の拠点である環境創造研究所(静岡県)は、民間企業では数少ない天然海水と地下水を供給できる飼育施設を有し、淡水種から海水種まで、動物、植物を問わずさまざまな水生生物の飼育あるいは試験等に用いることが可能です。

化学物質や各種製材等の生態系への影響評価のための試験(生態影響試験)のほか、数理モデル構築に必要なパラメータ取得のための飼育試験、環境保全のための希少生物の飼育・繁殖法の検討等にも対応します。

水生生物を用いる化学物質の生態影響試験

  • 試験魚(メダカ)の飼育室
    試験魚(メダカ)の飼育室

化審法テストガイドラインに準拠する化学物質の魚類、甲殻類、藻類による生態影響試験のほか、OECD テストガイドラインに準拠する化学物質の内分泌かく乱作用に関する試験、化審法適用外の化学物質(動物用医薬品類等)の水生生物に対する生態影響試験等を実施します。海産の生物種を用いる試験にも対応します。化審法に基づく試験は、優良試験所規範(GLP)に準拠しています。

  • 魚類急性毒性試験(化審法TG、OECD TG203)
  • ミジンコ急性遊泳阻害試験(化審法TG、OECD TG202)
  • オオミジンコ繁殖毒性試験(化審法TG、OECD TG211)
  • 藻類生長阻害試験(化審法TG、OECD TG201)
  • 両生類変態試験(OECD TG231)
  • 魚類短期繁殖試験(OECD TG229)
  • 海産魚類急性毒性試験
  • 海産エビ類急性毒性試験
  • 海産植物プランクトン生長阻害試験

環境影響を評価するための生態影響試験

  • 全排出水毒性試験(ミジンコ繁殖試験)
    全排出水毒性試験(ミジンコ繁殖試験)

実際の環境中で使用する各種製材や環境中に放出される排水等を対象として、種々の淡水生物や海産生物による生態影響試験を実施し、試験試料の環境や生態系に対する影響(安全性や有害性)を評価します。また、実際の環境を想定した条件での生物試験にも対応します。

水産動物医薬品の非臨床試験

  • 閉鎖系試験施設(試験室)
    閉鎖系試験施設(試験室)

動物用医薬品の開発や申請に必要となる各種試験のうち、水産養殖魚類を用いる非臨床試験を実施します。これまでに、動物用医薬品GLP適用試験として、ブリを用いた安全性および残留性試験等の実績があります。また、新薬の開発等に必要な攻撃試験、有効性試験等、隔離環境での実施が必要となる魚病関連試験についても、当社保有の閉鎖系試験施設で対応が可能です。

  • 養殖対象動物(魚種限定)による安全性試験
  • 養殖対象動物(魚種限定)による残留性試験(飼育・採材)
  • 攻撃試験
  • 薬効・薬理試験(飼育・採材)

その他の生物試験

  • ヒヌマイトトンボ(屋外生物飼育施設で繁殖)
    ヒヌマイトトンボ(屋外生物飼育施設で繁殖)

毒性や安全性評価以外にも、目的に応じ、さまざまな飼育試験や行動観察、飼育・繁殖等に幅広く対応します。環境条件を制御できる屋内施設のほか、自然光を利用できる屋外飼育施設も保有しています。また、亜熱帯環境研究所(沖縄県名護市)では、亜熱帯特有の気候や風土を生かした試験が実施できます。

  • 養殖用飼料の安全性や効果に関する成長試験
  • 貝類の代謝速度(ろ水、呼吸速度)、潜砂速度の測定
  • 藻類の生産能力試験(AGP試験)
  • 魚道設計や迷入防止検討のための魚類実験・行動観察
  • 海藻草類の生長速度(光合成速度)の測定
  • マイクロコズム、メソコズム実験
  • 希少生物の飼育・繁殖
  • 埋土種子を利用した水辺植物(水草)の復元
  • 海藻海草類の種苗育成
  • 有性生殖を利用したサンゴ種苗の育成
ページトップへ