ホーム > サービス > 河川・海岸の整備・保全 > 河川・砂防

河川・海岸の整備・保全

河川・砂防 -自然と調和し安全で快適に暮らせる川づくり-

川づくりの計画分野では、洪水災害から住民の暮らしを守るため、河川整備計画、治水計画、豪雨対策等に関する業務のほか、河川の機能や環境を維持・管理するため、河川維持管理計画、河川流域の総合土砂管理、河道内樹木の適正な管理、多自然川づくり等の業務を行っています。

川づくりの設計分野では、堤防・護岸・樋管・水門・排水機場等の河川管理施設、砂防施設等の計画・設計のほか、河川管理施設の点検・維持管理や耐震補強設計、環境に配慮した魚道の設計、豪雨災害後の河川管理施設の復旧設計を行っています。

河川流域の総合土砂管理

  • 土砂動態を含む洪水流解析(分派川含む)
    土砂動態を含む洪水流解析(分派川を含む洪水流シミュレーションの例)

土砂移動による災害の防止、生態系・景観等の環境の保全、河川・海岸の適正な利用等の観点で、流域全体の土砂動態を踏まえた総合的な土砂管理に関する業務を行っています。その際には、当社独自技術の「流域土砂動態解析システム」(NETIS登録番号KT-040092-A)を用いて、山地から河口までの流砂系一貫した土砂動態を解析することにより、きめの細かい検討を行っています。

  • 流砂系総合土砂管理
  • 海岸保全計画
  • 河床変動解析
  • 土砂動態マップ

河道内樹木の適正な管理

  • 多摩川河道整正(河道管理上の支障要因を踏まえた対策の立案・実施、対策後のモニタリング)
    多摩川河道整正(河道管理上の支障要因を踏まえた対策の立案・実施、対策後のモニタリング)

近年、川の風景は地域の身近な環境であった礫河原から樹木が旺盛に繁茂する環境へと変化しており、本来の川らしい生態系の維持や洪水の安全な流れの確保が困難な河川が多く見受けられます。当社では、川の生態システムを取り戻し、持続的かつ効率的な河川管理の実現を図るため、河道内樹木の環境調査から伐採・保全、維持管理サイクルまで、治水と環境のバランスを考慮した樹木管理体系の技術サポートを行っています。

  • 河道内樹木の伐採保全管理
  • 樹林地動態と植生消長解析
  • 伐採樹木の利活用計画
  • 伐採樹木の再樹林化抑制対策

砂防施設の計画・設計

  • 土石流堆積工(山口県防府市 上田南川)
    土石流堆積工(上田南川)

近年、これまでに経験したことのない豪雨が増えています。雨の降り方が激しくなるにしたがい、今後、土砂災害の大規模化や頻発化が懸念されます。当社では、土石流、地すべり、がけ崩れ等による土砂災害に対し、効率・効果的な砂防事業を円滑に行うために、砂防関連の各種調査、土砂流出の発生メカニズムの解明や土石流の氾濫予測等の解析、水系砂防計画や土石流対策計画の立案、砂防施設の設計等を行っています。

  • 砂防基本計画、施設配置計画、予備・詳細設計
  • 土石流氾濫シミュレーション
  • 土砂災害防止法に基づく土石流危険渓流等の基礎調査
  • 砂防施設の長寿命化
ページトップへ