ホーム > サービス > 港湾の整備・保全

港湾の整備・保全

港湾 -港湾・漁港・海岸の施設整備と維持管理-

島嶼国のわが国は周辺が海に面していることから、港湾・漁港・海岸保全施設の整備は必要不可欠です。とりわけ港湾においては、グローバル・サプライチェーンが進展する中、国際競争力の維持・強化のためのコンテナおよびバルク貨物輸送船舶の大型化等への対応、東日本大震災の教訓を踏まえ緊急物資輸送拠点整備促進による国民のさらなる安全安心の確保、親水空間等アメニティの提供、良好な自然環境の保全・再生・創出等社会のニーズは高度化・多様化しています。

さらに、老朽化の著しい港湾施設の効率的な維持管理も喫緊の課題となっています。これら多様な社会のニーズに的確に応えるべく、調査・解析技術の開発を含め総合的な技術の蓄積と研鑽に取り組んでいます。

港湾・漁港・海岸保全施設のアセットマネジメント

  • ナローマルチビーム(岸壁前面の洗掘状況)
    ナローマルチビーム(岸壁前面の洗掘状況))

高度経済成長期に整備された施設の老朽化が急速に進行しており、これらの施設を計画的かつ適切に維持管理していくためには、施設の損傷・劣化について精度の高い点検診断を行い、予防保全の観点から適切な対策を実施することが必要です。当社では、最新の点検・調査技術の開発・導入、ライフサイクルコストマネジメントに基づく維持管理計画等の策定、経年劣化した鋼構造物やRC構造物等の補修・補強設計に取り組んでいます。

岸壁・護岸・防潮堤等の耐震性能照査および防災対策

  • 液状化による構造物被害予測解析(FLIP)
    液状化による構造物被害予測解析(FLIP)

首都直下地震や南海トラフ巨大地震の発生に備え、大規模災害発生時に緊急物資輸送等に対応できる耐震強化岸壁等の整備が進められています。また、大規模な津波に備えるためには、先行する地震による護岸や防潮堤の沈下量を一定程度以下に抑える必要があります。当社では、FLIP(有限要素法による動的有効応力解析プログラム)を用いた地震応答解析による耐震性能照査や耐震補強設計に取り組んでいます。

  • サイト特性を考慮した地震動波形の作成
  • 液状化の予測判定、液状化対策工法検討
  • FLIP等による地震応答解析
  • 耐震補強設計、地盤改良設計

港湾・漁港・海岸保全施設の基本設計・実施設計

  • CADMAS-SURFによる津波越流時の水圧
    CADMAS-SURFによる津波越流時の水圧

現在の港湾施設等の整備においては、さらなる港内静穏度の向上、既設岸壁の増深・耐震化、想定以上の外力に対しても粘り強く防護機能を発揮する構造の実現、環境共生型構造等による生物の生息・生育場の創出、景観・親水性の向上等、より高度で学際的な技術が要求されています。当社では高度な波浪変形解析技術、実績に基づいた環境保全・再生・創出技術等を活用して、より質の高い港湾・漁港・海岸設計実務に取り組んでいます。

  • 波浪推算(WAM、SWAN)、沖波設計波算定
  • 波浪変形計算(ブシネスクモデル等)、港内静穏度検討、長周期波対策検討
  • 防波堤越流解析(CADMAS-SURF)
  • 係留船舶の動揺解析
  • 防波堤、護岸、岸壁、防潮堤等の基本設計
  • RCケーソン、HBケーソン等の細部設計
  • 環境共生型施設の設計
ページトップへ