ホーム > サービス > 河川・海岸の整備・保全 > 沿岸・海岸

河川・海岸の整備・保全

沿岸・海岸 -美しく、安全で、快適な沿岸域の創出-

高潮、津波、波浪および海浜変形や港内地形変化等の解析技術に基づく高度な数値シミュレーションモデルを用いて、沿岸域で発生するあらゆる問題を解決します。

調査・計画の検討時から環境面を重視し、環境・防災・利用の調和のとれた海岸保全計画や港湾計画、河口処理計画の立案、高潮・津波対策の検討等、さまざまなプロジェクトの立案を行っています。

津波対策の立案

東日本大震災以降、全国各地で地震津波対策が急務となっています。最近では、関東地方から九州・沖縄地方にかけて、南海トラフ巨大地震に伴う大津波が懸念されており、施設整備によるハード対策と避難警戒体制等のソフト対策が求められています。このような防災・減災対策を、高度な津波数値シミュレーションモデルを用いて立案しています。

  • 平面2次元津波予測モデルによる氾濫シミュレーション
  • 津波による漂流物シミュレーションモデル
  • 津波による土砂移動シミュレーションモデル
  • CADMAS-SURF(数値波動水路)による構造物周辺の津波数値シミュレーション

海岸侵食対策の立案

わが国の多くの海岸では、急峻な海岸地形等の自然的な要因、河川からの供給土砂量の減少や海岸構造物による漂砂の遮断等の人為的な要因等により、海岸侵食が発生しています。このような海岸侵食の問題については、その原因の解明や将来の地形予測が必要で不可欠です。当社では、高度な地形変化解析技術により、漂砂環境や地形変化等を予測し、対策の立案を行っています。

  • 汀線変化を考慮した3次元海浜変形モデル
  • 粒径を考慮した等深線変化モデル

3次元海浜変形予測解析(離岸堤の例)
3次元海浜変形予測解析(離岸堤の例)

航路・泊地埋没対策の立案

  • 航路における浮遊土砂観測の一例
    航路における浮遊土砂観測の一例

港湾は物流や旅客輸送の要となっていますが、周辺の地形・底質や気象・海象条件によっては航路・泊地に土砂が運ばれ、港湾機能の維持が難しい場合があります。このような港湾での埋没対策を目的として、航路・泊地での埋没実態の把握、必要な調査計画の立案、資料や現地調査結果の解析を通じた埋没メカニズムの推定、さらに数値予測モデルの構築とこれを用いた対策立案に取り組んでいます。

  • 地形変化解析(地盤高の経時変化解析)
  • 波浪観測、底質調査、浮泥流動観測
  • 埋没メカニズムの推定
  • シルテーション現象を含む地形変化モデルの構築
ページトップへ