ホーム > サービス > システム開発・構築 > 福祉・要援護者支援システム

システム開発・構築

福祉・要援護者支援システム -要援護者の避難支援や健診システムの再構築-

各自治体が行う「災害時要援護者」支援対策をお手伝いし、地域の共助・公助を支援するシステムです。国のガイドラインに準拠した、総務省「平成21年度 地域ICT利活用モデル構築事業」により構築しました。

また、医療機関で行う健康診断業務における、健診のインターネット予約、健診内容の判定、個人への結果表出力をはじめ、それに伴う管理等の必要な業務を運用できるシステムを構築しました。

自治体向け要援護者支援システム

「災害時要援護者」支援対策として、地域の共助・公助を支援するシステムです。平時における要援護者の登録・更新作業を容易にし、対象リストを簡単に作成することができます。要援護者の位置情報を管理することにより、地図上での視覚的把握が可能となります。

  • 要援護者(手上げ・同意の両方式)の情報をGIS(地理情報システム)を用いて収集・管理
  • 具体的な個別避難支援計画が策定可能
  • 要援護者の避難支援ガイドラインに準拠
  • 総務省「平成21年度 地域ICT利活用モデル構築事業」

防災・減災、災害復旧
要援護者支援システム画面例

巡回健診支援システム

病院や診療所において、専用バスで巡回出張して行う検診を支援するシステムです。受診者の管理、受診票の発行、検診結果の登録、血液等検査委託データの処理、自動判定処理、医師による診断結果の登録、検診成績表等各種帳票の作成を行います。既製品(パッケージ)ではなく、オーダーメイドによるシステム構築サービスを提供します。

  • 生活習慣病予防健康診断
  • 特定健康診査

インターネット健診予約システム

インターネット上で、健康診断の予約を行うシステムです。健診コースの選択、オプション検査の選択、健診枠(日時・人数)の消化管理、予約結果の抽出・照会、予約の変更やキャンセル処理等の機能があります。既製品(パッケージ)ではなく、オーダーメイドによるシステム構築サービスを提供します。

  • インターネット予約
  • 健康診断
ページトップへ