ホーム > サービス > 環境評価・環境計画 > 環境計画

環境評価・環境計画

環境計画 -人と自然が調和した良好な環境の創造-

私たちを取り巻く環境は、身近な生活環境をはじめとして、豊かな生態系を支える自然環境、ゆとりや快適さといったアメニティ環境など非常に多くの環境要素から成り立っています。そして、これらの環境は人類の生存基盤ともいえる地球環境が健全であることが前提となっています。しかし、近年では、従来からの大気・水質問題に加え、廃棄物問題、新たな化学物質問題、自然の減少などの問題のほか、地球温暖化に代表される地球規模の環境問題が大きくクローズアップされています。当社は、引き続き豊かな環境の恵みを守り、そして将来の世代に引き継いでいくために、環境科学のプロフェッショナルとして、人と自然が調和した環境づくりに取り組んでいきます。

環境整備計画・温暖化対策立案

  • 豊かな自然と快適な生活を目指す町づくり
    豊かな自然と快適な生活を目指す町づくり

環境計画分野では、優れた環境の保全計画と同時に自然環境と人が共存・共生できる町づくりを目指す環境整備計画の検討を行っています。また、人が安心して暮らせる安全な町づくり、環境への負荷をできるだけ抑えられる循環型社会を目指す町づくり計画の検討も行っています。

  • 豊かな自然と快適な生活を目指す環境整備
  • 安全、安心に暮らせる環境整備
  • 循環型社会を目指す環境整備
  • 風力・太陽光・バイオマスの活用
  • 省資源・省エネルギー
  • 二国間クレジット制度(JCM)
  • 環境学習や環境保全のための地域活動の実施

海域公園の資質調査(海域公園の設定のための基礎調査、自然環境の評価)

  • 海域公園の資質調査
    海域公園の資質調査

わが国では海域公園(従来は海中公園とよばれていました)の設定が進められています。海域公園の設定にあたって、当社では、そこがどれだけ豊かな自然環境を持っているかを調査し、その評価を行っています。また、生物多様性の保全、創出を目指して公園の環境保全計画の検討も行っています。

  • 海域公園の自然環境調査
  • 海域公園の資質の評価
  • 海域公園の保全計画

除染計画(放射性物質の除染に関する事前調査と除染計画)

福島第一原発事故により、福島県を中心とする広範囲の地域に放射性物質の影響が及んでいます。この地域の除染事業にあたって、事前の放射線量の実態調査およびその結果に基づく除染計画の検討を行っています。

ページトップへ