ホーム > サービス > 環境評価・環境計画 > 環境アセスメント

環境評価・環境計画

環境アセスメント -豊富な実績と高い技術力で環境影響評価手続を支援-

環境アセスメントは、開発事業等による環境影響を回避・低減するための仕組みとして、環境保全に大きな効果を発揮してきました。近年、環境影響評価法が改正され、配慮書手続きや風力発電事業の追加等の見直しが行われています。当社は、環境アセスメントが制度化された当初から、技術・手法の検討等に携わってきており、各種マニュアル作成等の実績も豊富にあります。また、富栄養化モデル、生態系モデル等の自社モデルを多数有し、環境変化の予測や保全対策の効果検討等を実施しています。

当社は、環境アセスメント調査の企画立案から現地調査、予測および評価、事後調査に至るまで一貫した社内実施体制を基本として、住民説明会や各種協議のサポートを含めた環境アセスメントの手続き一式をお手伝いします。

豊富な環境アセスメントの実績

当社では、日本全国の陸域から海域に至る各種事業において環境アセスメントを実施しており、豊富な実績を有しています。また、アセスメントの技術手法、配慮書作成等に係る各種マニュアルの作成にも携わってきています。これらの豊富な経験を活かして、事業の種類や規模、地域の特性に合ったアセスメントを提案します。

  • 環境影響評価の実績
    港湾・埋立、飛行場、発電所(火力、風力)、道路、廃棄物、鉄道、工業団地、ダム、河口堰等
  • 各種マニュアル作成等の支援
    ・計画段階配慮手続きに係る技術ガイド
    ・港湾計画・公有水面埋立事業に係る環境影響評価マニュアル
    ・生態系分野における環境影響評価技術ガイド

再生可能エネルギー分野に係るアセスメントへの対応

  • サンゴ調査
    サンゴ調査

再生可能エネルギーは、低炭素の国産エネルギーとして導入拡大が期待されています。しかし、たとえば、風力発電事業では、立地場所によっては、鳥類への影響(バードストライク)、海洋生物への影響等が想定されます。当社は、猛禽類の飛行経路調査や解析、海域環境および生物の調査、解析等の高度なノウハウを有しており、より詳細な調査や影響を回避・低減するための対策検討をサポートします。

環境の各種解析、シミュレーションモデルによる予測評価、対策の検討

  • 溶存酸素量(DO)の予測結果
    溶存酸素量(DO)の予測結果

当社では、環境影響評価に必要となる大気環境、水環境、生物等の各種現地調査・分析から、コンピュータシミュレーションによる予測まで一貫した社内体制で実施します。とくに、水環境分野では、富栄養化モデル、生態系モデル等の自社モデルを多数有し、環境変化の予測や保全対策の効果検討等において、精度の高い予測を行っています。

  • 定量的な影響評価、水質汚濁の要因解析、対策検討
  • 流動・水質モデル、生態系モデル(海域、湖沼・ダム、河川域)
  • 気象モデル、大気拡散モデル、騒音・振動予測モデル
ページトップへ