ホーム > サービス > 環境化学分析 > リスク評価・管理

環境化学分析

リスク評価・管理 -有害物質による生態リスク・健康リスクの評価-

環境中の有害化学物質による生態系や人の健康への影響(環境リスク)に対する懸念が社会的に高まっています。当社では、化学物質等の環境リスクに関して、淡水生物や海産生物による各種生物試験結果に基づく有害性等の評価、既存知見(文献情報)等の情報提供、化学物質の環境動態の解析、管理・低減策に関わる技術情報の提供等、その評価から対策提案まで幅広く対応します。

生物試験に基づく生態影響の評価

化学物質、実環境中で使用される各種製材、事業場や工事現場等から環境中に放出される排水等について、淡水や海水での各種生物試験を実施し、その結果等をもとに試料の環境や生態系に対する影響(安全性や有害性)を評価します。また、リスク評価に必要な学術文献等の収集のほか、有害性の原因の同定やその改善策の提案等にも対応します。

  • 化学物質(新規および既存)
  • 事業場等の排水
  • 底質改善剤・地盤安定保持剤等
  • 船舶バラスト水の処理排出水等

化学物質の生態リスク評価

化学物質等の環境実態の解析

  • 年代測定のための底泥コアサンプルの層切り
    年代測定のための底泥コアサンプルの層切り

有害化学物質(汚染物質)等の環境実態の把握に関わる解析を実施します。これらの解析では、当社実施の調査・分析に基づく解析のほか、文献調査(既存データの利用)等にも対応します。

人の健康に関わる環境リスクの解析・評価

  • 血液中のダイオキシン類分析のための採血
    血液中のダイオキシン類分析のための採血

人の健康に影響を及ぼす可能性がある化学物質のばく露量の調査(血液中濃度や尿中濃度)に関連して、既存データとの比較等の解析を行います。また、ばく露実態の解明のための既存情報(科学的知見)の収集・解析等、総合的なコンサルティングにも対応します。

  • ダイオキシン類
  • 重金属類
  • 特定化学物質等
ページトップへ