ホーム > サービス > 環境化学分析 > 理化学試験

環境化学分析

理化学試験 -水域環境を把握するための室内試験-

海域や湖沼等の物質循環や干潟・藻場の水質浄化機能を調べるには、数理モデル(数値シミュレーション)による定量的評価が有効です。このような数理モデルによる解析に必要な、各種パラメータの測定等環境試料(底泥や環境水等)を用いる理化学試験に幅広く対応します。

水域の富栄養化評価のための室内試験

  • 底泥試料での脱窒速度の測定
    底泥試料での脱窒速度の測定

底泥や環境水を対象として、海域や湖沼における富栄養化の評価に必要となる各種パラメータを測定するための試験を実施します。試験は実際の調査水域の環境を再現した条件(恒温試験室内)で行います。

  • 底泥からの栄養塩類の溶出速度の測定
  • 底泥の溶存酸素消費速度の測定
  • 底泥の脱窒速度の測定
  • 環境水中有機物の分解速度の測定

その他の試験

底質や土壌、水質試料を対象とした物理化学的環境の把握等に必要となる各種試験を実施します。また、規定の試験法によらない実験にも対応します。

  • 粒度試験(ふるい分析、沈降分析)
  • 溶出試験
  • 各種理化学実験(水質、底質、土壌試料)
ページトップへ