ホーム > サービス > 環境化学分析 > 化学分析

環境化学分析

化学分析 -化学環境の実態把握のための正確な分析-

現代社会では、多種多様な化学物質が使われ、環境中に放出されています。当社では、環境基本法に基づく水質の汚濁、大気の汚染および土壌の汚染等に係る環境基準項目のほか、悪臭関連の調査等を実施します。また、高性能の分析機器を備え、水質、底質、土壌、大気および生物由来の環境および生体試料のほか、食品、建材、電子部品等、さまざまな試料(媒体)を対象とした残留性有機汚染物質や重金属類等の微量有害物質、放射性物質およびアスベスト等、化学環境に関わる分析・測定に幅広く対応します。

環境基準項目に係る分析

環境基本法の規定に基づき、大気汚染、水質汚濁および土壌汚染に係る環境基準のほか、排水基準に掲げられた項目等について分析・測定を実施します。また、悪臭防止法の規制基準等に対応する悪臭調査も実施します。

  • 公共用水域の水質汚濁に係る各環境基準項目
  • 地下水の水質汚濁に係る各環境基準項目
  • 大気汚染に係る環境基準のうち有害大気汚染物質に係る各項目
  • 土壌汚染に係る各環境基準項目
  • 排水基準に係る健康項目および生活環境項目
  • 悪臭調査に係る特定悪臭物質および臭気指数の測定

富栄養化関連項目に係る分析

内湾域や湖沼等で問題となっている富栄養化について、原因となる栄養塩類や藻類発生量の指標等、水質および底質の各種項目の分析・測定に対応します。

  • 窒素類(全窒素、アンモニウム態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素等)
  • リン類(全燐、リン酸態等)
  • クロロフィル類
  • 有機炭素量

残留性有機汚染物質の分析

  • 高分解能GC/MS
    高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-HRMS)

種々の試料(媒体)を対象として、ダイオキシン類やPCBに代表される残留性有機汚染物質(POPs)を専用のケミカルハザード対応の分析室で、高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS、GC/HRMS)等を用いて、厳格な管理体制の下で正確かつ高精度に定量分析します。なお、当社は、ダイオキシン類の分析に関して、国際規格であるISO/IEC17025の認定を受けています。

  • 環境試料(水質、底質、土壌、大気、野生生物等)
  • 食事試料
  • 生体試料(血液、母乳、実験動物等)
  • 廃棄物試料(排ガス、ばいじん等)
  • 絶縁油(微量PCBの分析)

環境試料中の微量化学物質の分析

  • LC/MS/MS
    液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析計(LC-MS/MS)

人の健康の保護等のうえで維持されることが望ましい基準として法令に基づいて環境基準項目が定められていますが、環境中には、そのほかにも人の健康や生態系への影響が懸念される化学物質が数多く存在しています。当社では、液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS、LC/MS/MS)を用いて、これら環境中に存在する多様な微量化学物質のほか、生体試料を対象としたそれら物質の代謝産物の分析等にも幅広く対応します。

  • 農薬類
  • 医薬品類
  • エストロゲン類
  • 非イオン界面活性剤
  • 可塑剤代謝物(尿試料)
  • 農薬代謝物

微量元素の分析

  • ICP-MS
    誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)

当社では、環境試料のほか、食品や生体試料等多様な試料(媒体)を対象として、誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)を用いて高感度な多元素分析を実施します。また、ヒ素のように化学形態によって生物に対する毒性が異なるような元素では、ICP-MS に液体クロマトグラフを接続したLC/ICP-MSを用いた化学形態別の定量分析にも対応します。

  • 環境試料(水質、底質、土壌、大気、野生生物等)
  • 生体試料(血液、母乳、実験動物等)
  • 食品および食事試料

放射能分析

  • ウェル型Ge半導体ガンマ線検出器
    ウェル型Ge半導体ガンマ線検出器

当社では、ゲルマニウム半導体検出器(γ線検出器)やβ線検出器を備え、環境試料(水質、底質、土壌等)、食品(農水産物、加工食品等)、水道水、廃棄物(汚泥、焼却灰等)のほか、生体試料(血液、尿)について、放射性物質(放射性核種)の測定を実施します。なお、当社は、放射性物質および空間線量率の測定に関して、国際規格であるISO/IEC17025の認定を受けています。

  • ヨウ素-131(131I)
  • セシウム-134(134Cs)およびセシウム-137(137Cs)
  • ストロンチウム-90(90Sr)

その他の分析

  • 位相差顕微鏡によるアスベスト分析(アモサイト)
    位相差顕微鏡によるアスベスト分析(アモサイト)

当社では、上記のほかにも、化学環境の実態把握のために、環境試料のほか、食品や生体試料等さまざまな媒体を対象として、種々の分析・測定に対応します。

ページトップへ