ホーム > 採用情報 > 先輩社員の仕事紹介 > 東京本社 防災情報システム部

先輩社員の仕事紹介

情報システム部門
全国どこでも人のいのちを
守ります!
東京本社 防災情報システム部  K.W(2005年入社)
自然科学研究科 環境土木工学専攻修了
先輩社員の仕事紹介

入社のきっかけ

私が入社した当時は、土木分野における情報技術の活用は活発ではなかったため、土木と情報の両技術が融合することによって、業務の高度化や効率化に貢献できないかという考えを持ち就職活動を行っていました。また、旅をして色々な土地のことを知るのが好きでしたので、全国で業務展開しており風通しの良さそうな社風の「いであ」を志望しました。

私の仕事

  • オフィスでの作業風景
    オフィスでの作業風景

入社後の業務経験を経て、情報技術は問題解決するための「手段」でしかないことを痛感しました。ベースとなる技術・知識が不可欠だと感じ、「人のいのちを守る」ことを使命として、防災分野の技術習得に励みました。

3.11東日本大震災では多くの尊いいのちが失われました。防災に携わる者として非常に悔しい思いをしたことが忘れられません。その後、大規模な津波災害を想定した図上演習の企画・運営の主担当を務める機会を得ました。演習に参加する組織や人員の調整、被害等の想定に苦労しましたが、お客様から「ご苦労様でした。おかげさまで災害に備えることができ、多くの住民のいのちが救えます。」と感謝のお言葉をかけられたときは、苦労が報われ思わず涙腺が緩みました。

職場環境

  • オフィスでの作業風景
    オフィスでの作業風景

所属する部署では、経験豊富かつ優秀でおもしろい上司と先輩に恵まれています。仕事への取り組み姿勢、物事の考え方等、学ぶところが非常に多く、充実したコンサル生活を送っています。

また、他部署の方と一緒に仕事をすることも多いため、よい仕事ができるよう、電話や打合せでコミュニケーションをとりながら業務を進めています(たまに飲みにも行きます)。他部署ならではの技術・発想がありますので、新しい発見ができます。

やりがい・将来の夢

日本全国の業務を請け負う部署です。打合せや現地調査等で、北海道から島嶼部まで、全国津々浦々に出張します。その土地ごとに特性があり、その場所に適した防災対策が求められますので、いかに地域の特性に精通するかが業務を成功に導く鍵となります。また、その土地の自然・文化や食事を体験することで、より深くその地域を知ることができるのも、この仕事の魅力だと感じています。

将来的には、日本国外に向けて「いであ」の防災技術を売り込み、世界中どこでも人のいのちを守りたいです。

メッセージ

夢や目標を持って仕事に臨むことが自分の成長につながります(仕事、趣味、遊び、何事においても)。残りの学生生活が充実したものとなるように、夢や目標を持って物事に打ち込んでください。

ある1日のスケジュール
ページトップへ