ホーム > 採用情報 > 先輩社員の仕事紹介 > 東京本社 陸圏事業部 道路部

先輩社員の仕事紹介

道路・橋梁・交通部門
技術や経験を活かし、
頼られる技術者へ
東京本社 陸圏事業部 道路部  T.S(2012年入社)
工学院 北方圏環境政策工学専攻修了
先輩社員の仕事紹介

入社のきっかけ

大学で専攻していた交通工学・交通計画分野を活かせる仕事がしたい、そして実務をとおしてさらに専門性を広げたいと考え、建設コンサルタント業界を目指すようになりました。その後の説明会や会社訪問をとおして業務の多様性や先輩社員の活躍を知り、この仕事がしたいと感じました。

私の仕事

  • 自転車道整備社会実験業務
    自転車道整備社会実験業務

主に道路整備事業の整備効果算出や事業評価実施のサポート、道路整備や自転車走行空間整備に向けた道路交通計画の立案業務に携わっています。具体的には、道路整備による多様な効果について分析し事業評価監視委員会の補助や住民向け広報資料の作成を行うほか、整備効果検証を目的とした社会実験の実施補助や調査・分析・整備実施計画を立案しています。

また、研究開発に関わる拠点(インフラ構造研究センター)にも所属しており、社会基盤インフラに関する技術の研究・開発に取り組んでいます。

職場環境

  • 後輩への指導の様子
    後輩への指導の様子

同一フロア内に複数の部署があるため、部署内の意見交換だけでなく、他部署の方とも意見交換しやすい環境だと思います。

女性技術者の中には短時間勤務制度を活用し、育児と仕事を両立している人もいます。

やりがい・将来の夢

業務をとおして、専門技術の向上を図るだけでなく、他分野の知見も吸収し、頼りがいのある技術者になりたいと思います。そして、技術力や経験を活かし、自らマネジメントする業務や研究開発をとおして、社会に貢献できればと思います。

メッセージ

研究や趣味、旅行等、今だからこそできる経験に一生懸命取り組み、存分に楽しんでください。

就職活動では、業種にこだわらずさまざまな会社に訪問するとよいと思います。その中で、働きたいと思えるような就職先を見つけて欲しいと思います。

ある1日のスケジュール
ページトップへ