ホーム > 採用情報 > 先輩社員の仕事紹介 > 東京本社 水圏事業部 水工部

先輩社員の仕事紹介

河川・水工部門
幅広い知識が求められる
クリエイティブな仕事
東京本社 水圏事業部 水工部  T.H(2009年入社)
工学部 都市基盤工学専攻修了
先輩社員の仕事紹介

入社のきっかけ

大学の指導教官の勧めもあり、もともと建設コンサルタント会社への就職を探していました。卒業論文では沿岸環境(干潟域での栄養物質の収支)という環境と建設の両方に関わるテーマについて研究していたこともあり、環境コンサルタントと建設コンサルタントが統合した「いであ」へ入社しました。

私の仕事

  • 設計事例:河川堤防の川表緩勾配化工事
    設計事例:河川堤防の川表緩勾配化工事

入社以来水工部に所属し、堤防、護岸、樋門等の河川構造物を中心とした設計業務に携わっています。とくに印象的だったのは入社3年目に担当した河川改修事業の災害申請業務です。クライアントとの協議を繰り返して4ヶ月ほどで申請に必要な測量、計画、設計等を行いました。クライアントが第三者に説明するために何度も資料の修正が求められ、今までの人生でもっとも忙しかったと記憶しています。この業務をとおして、クライアントが第三者に対して説明できるように資料を作成することが大事だと学びました。また、自分の業務が、風水害から国土を守ることを目的とした社会的に重要度が高い仕事であることを再認識しました。

職場環境

  • オフィスでの作業風景
    オフィスでの作業風景

同じフロアに河川計画、道路、橋梁の部署があるため、他部署にも業務上の質問がしやすい環境です。先輩社員は、忙しくても時間を割いて話を聞いてくれる人が多く、担当外の業務でも分からないことを相談しやすい雰囲気があります。

やりがい・将来の夢

  • オフィスでの作業風景
    オフィスでの作業風景

業務はデスクワークが主体で一見地味な作業もありますが、業務自体は幅広い知識を必要としクリエイティブな要素が非常に多い仕事だと思います。日々の業務は大変なことも多いですが、クライアントと協力して質の高い成果ができたときや、自己のスキルアップが感じられたときに、やりがいや達成感を感じます。現在は、自分の知識、スキル、作業効率を向上させることで、仕事とプライベートの両方を充実させることを目標に努力しています。

メッセージ

就活活動にあたっては、まず自分の好きな分野、頑張れる分野を探すことをお勧めします。建設コンサルタント会社も会社によってそれぞれ特色がありますので、比較検討することが大事だと思います。

また、社会人になると自分の自由な時間が少なくなるので、今のうちに長期の旅行等の学生ならではの楽しみを満喫してください。

ある1日のスケジュール
ページトップへ