ホーム > 採用情報 > 先輩社員の仕事紹介 > 環境創造研究所 エコチル調査プロジェクト部

先輩社員の仕事紹介

環境化学部門
環境分野で新しい知見を
見出したい
環境創造研究所 エコチル調査プロジェクト部  H.T(2013年入社)
理学研究科 地球惑星システム学専攻修了
先輩社員の仕事紹介

入社のきっかけ

学生時代は環境をフィールドとした地球化学を専攻していたため、その専門性を活かすことのできる環境コンサルタント業界を志望していました。「いであ」が非常に多岐にわたる業務の実績があること、勤務する研究室の先輩から詳しく話を聞く機会があり、そこから興味を持ったことがきっかけです。

私の仕事

  • ICP-MSを用いてのヒト血液中の重金属測定
    ICP-MSを用いてのヒト血液中の重金属測定

主に子供の成長・発達に影響を与える環境要因を明らかにするための調査や、化学物質の人へのばく露量をモニタリングする調査の業務に携わっています。

前者では、誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)を用いてヒト血液中の重金属(カドミウム、水銀、鉛等)の測定、データ解析を行っています。後者では、調査に参加していただく地域住民への説明会および採血の対応、結果のとりまとめ等のほか、有識者による検討会の事務局対応も行っています。どちらも長期間にわたり非常に多くの人が関わって成り立つスケールの大きい調査のため、得られる知見も大きいと感じています。

職場環境

  • オフィスの同僚と
    オフィスの同僚と

当研究所の社員は約50人とあまり多くないのが幸いし、すぐに名前と顔を覚えることができました。業務中はおのおの別の場所で作業をすることが多いですが、昼休みや休憩時間にはプライベートの話をしたり仕事に関するアドバイスをもらったりと、年齢の壁を超えてコミュニケーションをとることができています。

また、こういうことがしたい等の強い意欲とノウハウがあれば受け入れてもらえる、風通しのよい職場であると思います。

やりがい・将来の夢

ICP-MSは比較的操作が容易な多元素同時分析装置である一方で、装置内で起こる化学反応は非常に複雑で、ときとして取扱説明書や参考文献にはない不可解な問題に直面することもあります。周囲と協力し合い、試行錯誤を経て原因を突き止めた際にはとても達成感を感じます。

さまざまな分析項目、装置を経験し、社外に足を運ぶ仕事も1人で担えるようになり、環境分野で新しい知見を見出すことのできる人材になるよう成長していきたいです。

メッセージ

当採用ページを見ている人のほとんどは、ある程度志望業界が絞られているのではないでしょうか。方向性が決まっていればそのまま突き進んで欲しいですが、まだ迷いがあるとすれば専門に縛られずさまざまな業界、会社、そこで働いている人をしっかり見て欲しいと思います。

就職活動のマニュアル本のとおりにすれば必ず受かるということはありません。周りに惑わされず、自分なりによいと思う方法で進めていって欲しいと思います。

ある1日のスケジュール
ページトップへ