ホーム > ニュースリリース > 2015年

2015年 ニュースリリース

 サービス・技術 

「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」に採択されました

神奈川県は、「最先端医療・最新技術の追求」と「未病を治す」という2つのアプローチを融合することにより、「新たな市場・産業の創出」と「健康寿命日本一」を目指す「ヘルスケア・ニューフロンティア」の取り組みを推進しています。

超高齢社会において成長産業となり得る神奈川発の「未病産業」という新たな産業を創出するため、神奈川県は、昨年8月「未病産業研究会」を設立しました。また、将来の未病産業を形成する有望なシーズを発掘し、先行事例として順次自走化させるだけでなく、追随企業の参入を促すことで、未病産業として普遍化した市場が形成されていくことをねらいとしており、モデル事業を今年度、「新たなシーズ発掘枠」「企業間連携による自走化支援枠」という2つのステージで公募しました。

2015年10月14日、当社の事業が「新たなシーズ発掘枠」において採択され、神奈川県から発表されました。

【採択された事業内容】
大山(おおやま)を実証フィールドとし、温度・湿度・気圧等の変化と健康への影響度をリアルタイムで把握できるモニタリングシステムを構築する。また、このシステムを活用し、保養地におけるウォーキング、登坂などによって、未病を改善するプログラムを新たに開発する。

【記者発表資料URL】
「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」の提案を採択しました!

ページトップへ