ホーム > ニュースリリース > 2014年

2014年 ニュースリリース

 サービス・技術 (建通新聞(静岡版) 3面)

熱海港 -7.5メートル耐震強化岸壁を耐震性能照査

静岡県熱海土木事務所は、熱海市和田浜南町熱海観光芝生広場付近の熱海港のマイナス7.5メートル耐震強化岸壁について、東海・東南海地震クラスの巨大地震(L2地震動)に対する耐震性能の確認や安定性評価を計画している。「熱海港緊急港湾調査事業に伴う港湾施設(耐震強化岸壁) 耐震性能照査業務委託(13-02)」を、いであ静岡営業所(静岡市葵区)が3月14日の納期で進めている。

マイナス7.5メートル耐震強化岸壁の延長は200メートル。熱海湾の港湾施設の内で防災上特に重要な施設として位置付けられている。

耐震性能照査に合わせて、「熱海港緊急港湾調査事業に伴う地質調査業務委託(13-03)」をランドテクト(静岡市清水区)が1月31日の納期で進めている。同岸壁に関わる業務の概要は、機械ボーリング(42メートル1本)、サンプリング1本、土質調査など。

ページトップへ