ホーム > ニュースリリース > 2013年

2013年 ニュースリリース

 サービス・技術 (建設通信新聞 4面)

東ティモールコモロ川新橋 準備調査など5件

国際協力機構(JICA)は、業務委託5件のプロポーザルを実施した結果、東ティモールの「コモロ川上流新橋建設計画準備調査」はアンジェロセック・大日本コンサルタント・いであJVを特定した。ミャンマーの「鉄道安全性・サービス向上プロジェクト」は日本コンサルタンツ・オリエンタルコンサルタンツ・住友商事JV、ザンビアの「第三次ルアプラ州地下水開発計画準備調査」は日本テクノ・地球システム科学JV、カンボジアの「プノンペン都前期中等教育施設拡充計画準備調査」は毛利建築設計事務所、パキスタンの「ラホール給水設備エネルギー効率化計画準備調査」はエヌジェーエス・コンサルタンツにそれぞれ決めた。

「コモロ川上流新橋建設計画準備調査」では、コモロ川を渡河し、東西を連結する長さ210mのコモロ上流新橋と取付道路の整備について、要請のあった無償資金協力の妥当性を検討し、最適な計画内容や規模などを具体化して概略設計を行う。契約予定期間は2014年3月下旬まで。

「鉄道安全性・サービス向上プロジェクト」では、ミャンマー鉄道の安全性確保などを目的に同国鉄道公社による運営・維持管理能力を高めるため、鉄道保線技術の向上に資する支援などを行う。対象地域はヤンゴン近郊のヤンゴン~バゴー間の長さ70kmで、このうち、20km程度をパイロット区間とし、保線作業を実践する。契約予定期間は15年5月下旬まで。

安全な水へのアクセス率向上を目的に実施する「第三次ルアプラ州地下水開発計画準備調査」では、ザンビア政府から要請のあった無償資金協力としての事業実施の必要性や妥当性を検証し、適正な概略設計や概算事業費を積算する。契約予定期間は14年3月中旬まで。

「プノンペン都前期中等教育施設拡充計画準備調査」では、無償資金協力の要請があったプノンペン市の中学校建設について、要請内容の必要性や妥当性を確認した上で、事業計画の策定や概略設計を行う。要請内容は既存中学校8校の敷地内への校舎増設で、概要は7校154教室総延べ1万4575m2、トイレ7カ所総延べ1260m2、教育家具(机・椅子、ホワイトボード)と追加要請分の12教室となる。契約予定期間は14年3月下旬まで。

「ラホール給水設備エネルギー効率化計画準備調査」では、無償資金協力の要請があった深井戸群の給水設備の更新について、概略設計を行い、概略事業費を積算する。要請の概要は深井戸ポンプ105機の更新、深井戸67本、太陽光パネル3カ所、水質検査用機材、エネルギー監査機材、初期操作と運転・維持管理の各指導。契約予定期間は14年7月下旬まで。

ページトップへ