ホーム > IR情報 > 経営方針 > 事業等のリスク

経営方針

事業等のリスク

当社グループの事業の状況、経理状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある主なリスクには、以下のようなものがあります。あわせて、必ずしもそのようなリスクと考えていない事項についても、投資家の判断にとって重要であると当社が考える事項についは、積極的な情報開示の観点から記載しています。

官公庁および公益法人への高い受注依存

売上高を顧客で分類した場合、官公庁および公益法人からの受注によるものが8割以上を占めることから、公共事業関係費全体や当社グループ関連技術分野に関する予算の増減もしくは予算執行の制約により、受注額、ひいては売上額が増減し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

業績の季節変動

当社グループの売上高は官公庁への依存度が高いため、契約工期が3月に集中することにより、上半期の売上高および利益の水準が下半期に比べ著しく高くなる傾向があります。最近3年間の売上高、営業損益およびその上期・下期の内訳は、下表のとおりです。

(単位:百万円)  
  2016年12月期 2017年12月期 2018年12月期
売上高 営業利益又は営業損失(△) 売上高 営業利益又は営業損失(△) 売上高 営業利益又は営業損失(△)
上半期 12,254 2,143 12,335 1,946 13,232 2,039
下半期 4,219 △1,018 5,179 △794 5,236 △633
通期 16,474 1,124 17,515 1,151 18,468 1,406

主要拠点の災害による事業活動への影響

当社グループの主要拠点の中には、大規模地震到来の危険性が指摘されている地域が含まれています。このような自然災害に備えて防災管理体制を強化していますが、災害の規模によっては、主要設備、試料、データの損傷等により、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

成果品に関する瑕疵

当社グループでは、品質保証システムISO9001を導入するとともに専任者を配置した照査室を設置し、定期的かつ厳格な照査等を実施することにより、常に品質の確保と向上に努めています。また、万が一瑕疵が発生した場合に備えて、建設コンサルタント損害賠償責任保険に加入していますが、成果品に瑕疵が発生し、多額の賠償請求を受けた場合や指名停止等となった場合には、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

法的規制

当社グループは事業活動を行ううえで、独占禁止法、下請法、個人情報保護法等のさまざまな法規制の適用を受けています。これらの法規制の遵守を徹底するため、すべての役員および従業員が、企業行動規範の基本原則である「法令の遵守」の精神を理解し、公正で透明な企業風土の構築に努めています。また、取締役を委員長とするコンプライアンス委員会を常設して、社内規程・マニュアルや運用体制を整備し、厳格な運用に努めています。しかし、万が一これらの法規制を遵守できなかった場合には、社会的な信用や評価等が低下することにより、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。

また、当社グループは、主務官庁から建設コンサルタント登録や計量証明事業所登録をはじめとして、さまざまな許認可を受けて事業を行っていることから、許認可の根拠となる各法令等を遵守し、許認可等の更新に支障が出ないよう努めています。しかし、役員が罰金以上の刑に処されたり、何らかの理由により許認可の取り消しや更新ができない状態が発生した場合、または関連法規が改廃されたり新たな法的規制が設けられる場合には、事業展開に制約が生じ、経営成績等に重大な影響を及ぼす可能性があります。

情報セキュリティ

当社グループは公共性の高い事業活動を行っているため、個人情報等さまざまな機密情報を取り扱っています。当社グループでは「情報管理規程」を制定するとともに情報管理委員会を設置し、全社的な情報管理体制を構築していますが、情報漏洩等の事故が生じた場合には、社会的な信用や評価等が低下することにより、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

専門性の高い人材の確保

当社グループは、専門性の高い優秀な人材を採用し養成することにより、競争優位性を確保することができると考えています。しかし、専門性の高い優秀な人材は限られていることから、人材の採用および確保の競争は激化しています。当社グループの技術力や生産性の維持・向上には、このような人材の採用・養成・維持が不可欠であり、この状況によっては、技術力や生産性の低下により、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、当社グループから、専門性の高い優秀な人材が競合他社に移籍した場合には、知識やノウハウの流出により、当社の競争力が相対的に低くなるおそれがあり、事業展開、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

ページトップへ