ホーム > CSR活動 > 社員・従業員への責任 > 働きやすい労働環境の整備

社員・従業員への責任

働きやすい労働環境の整備

当社は、社員・従業員が企業の一員として連帯感を持ち、自己の能力・活力を発揮できるような働きやすい環境づくりを行っていきます。

人権の尊重

当社では、「就業規則」に個人の基本的人権と自主性の尊重を明記し、人種、性別、国籍、宗教、学歴などに基づく不当な扱いを禁止しています。採用段階から退職まで公正な雇用・評価を行っています。また、セクシャルハラスメント・パワーハラスメントに関して、コンプライアンス研修等で周知・教育を行っています。ハラスメントに関する相談窓口を開設し、相談者のプライバシーを守り、対応しています。

多用な人材の活用

当社では、多様な人材の活用によるシナジー効果が企業を活性化し、社業の発展につながるものと考えています。性別や年齢に関係なく社員・従業員の能力を発揮できる制度・環境を整備しており、今後も多様な人材の活用に努めてまいります。なお、2014年9月には、大阪支社において、障がい者雇用への取り組みに関してその実績が評価され、大阪府知事より「ハートフル企業チャレンジ応援賞」をいただきました。

雇用パフォーマンス 2017年 2016年 2015年
社員数
(4/1現在、嘱託・顧問含む)
909 名 898 名 859 名
新入社員数 30 名
(男性17名,女性13名)
51 名
(男性33名,女性18名)
43 名
(男性35名,女性8名)
社員平均年齢(3月現在) 44.2 歳 44.3 歳 44.4 歳
女性技術者比率(3月現在) 15.4 % 12.1 % 12.1 %
女性管理職比率(3月現在) 5.8 % 6.1 % 6.3 %
障がい者雇用率(6月現在) 2.2 % 2.0 % 2.1 %
育児休業取得率 100 % 100 % 100 %

ワークライフバランスの推進

当社では、社員・従業員が仕事と家庭を両立しながら働き続けられるよう、労働時間の徹底管理を行っています。時間外勤務を行う場合は事前申告制とし、業務の効率化と長時間勤務の削減に努めています。また、週に1回ノー残業デーを設定し、ライフスタイルを省みたり、働き方を見直す機会とするなど、ワークライフバランスに関する社内気運の醸成を行っています。育児・介護に関しては支援制度を整備し、運用しています。

ページトップへ