ホーム > CSR活動 > 環境への取り組み > 環境負荷削減への取り組み

環境への取り組み

環境負荷削減への取り組み

事業活動における取り組み

2017年のISO14001における「環境目標」(本社・国土環境研究所)は、省エネの推進、地球温暖化ガス排出量の削減、資源の有効利用とし、具体的な活動内容を明記した「省エネ省資源運用監視要領」を策定し、周知・徹底しています。ISO14001未取得の事業所においても本要領に準じて事業活動を行うとともに、電力使用量が多い夏期・冬期においては、事業所ごとに「電力対策自主行動計画」を設定し、各員が活動するとともに省エネ対策チームによる見回り確認などを行っています。

そのほか、社内の情報共有サイトを利用したエコユニット活動の推進や環境に関連した知識向上のため、シンポジウム・セミナー・学会等に積極的に参加するなど、環境負荷削減に対する意識の向上を図る活動を行っています。

業務実施時における取り組み

業務の実施にあたっては、環境配慮設計・計画等に関する提案なども行っています。

自社ビルにおける取り組み(環境に配慮したオフィス)

当社では、自社ビルにおいて下記のような対策を行い、環境負荷削減を行っています。

  • LED照明の導入
  • 窓への遮熱シートの貼付、よしずの設置、屋上緑化
  • ソーラーエネルギーの利用
    (本社(東京)、大阪支社、環境創造研究所(静岡)、九州支店(福岡)にソーラーパネルを設置)
  • 節水コマの導入
  • 窓への遮熱シート
    窓への遮熱シート
  • よしずの設置
    よしずの設置
  • ソーラーパネル
    ソーラーパネル
ページトップへ