残留農薬の分析・検査

■分析・検査項目等■

ポジティブリスト制度に対応した多成分一斉分析法により、食品中の残留農薬を検査いたします。

多成分一斉分析:厚生労働省通知の方法に基づき、LC/MS/MS、GC/MSなど高感度・高精度の分析機器を用い、300を超える農薬について迅速に同時分析を行います。

各種検査等の料金表

ポジティブリスト制度の概要
農薬、飼料添加物、動物用医薬品
残留基準が定められているもの(849農薬等)

残留基準を超えている食品の販売等禁止
残留基準が定められていないもの

0.01ppmを超えている食品の販売等禁止
厚生労働大臣指定物質(65農薬等)

ポジティブリスト制度の対象外
分析・検査項目
米類対象農薬 豆類対象農薬
野菜対象農薬 芋類対象農薬
穀物対象農薬 飼料対象農薬
果物対象農薬  
※畜産物、水産物、加工食品についても測定を行います
分析機器例
LC/MS/MS装置
LC/MS/MS装置
GC/MS装置
GC/MS装置

農薬の種類をご相談ください。また、検体異数・項目に応じて分析料金をご相談いただけます。お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2011 いであ株式会社 IDEA Consultants, Inc. All Rights Reserved.