ホーム > 会社情報 > コンプライアンス

コンプライアンス

基本的な考え方

当社は、企業が存続するためにはコンプライアンスの徹底が必要不可欠であるとの認識のもと、2003年5月に10原則からなる「いであ企業行動規範」(2006年6月改正)を定め、企業行動において法令遵守はもとより、すべての役員および従業員が公正で高い倫理観に基づいて行動することにより、広く社会から信頼される経営体制の確立に努めています。

企業行動規範

私たち「いであ」は社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタントとして、公正・独立の精神を旨とし、常に技術の創造と学術の探究につとめ、社業の発展と社員の福利向上をはかり、もって社会に貢献することを経営理念としています。

この理念を実現するにあたっては、何よりも社会から信頼される企業であることが強く求められています。そのため、次の10原則に基づく「いであ企業行動規範」を定め、企業行動において法令遵守はもとより公正の倫理観を醸成し、社会に信用・信頼される企業となることを目指します。

いであ企業行動規範
  1. 法令遵守
    法令を遵守し、立法の趣旨に沿って公明正大な企業活動を遂行する。
  2. 顧客の信頼獲得
    市場における自由な競争のもとに、顧客のニーズにかなうサービスを提供し、顧客の満足度を向上させるとともに、正しい情報を的確に提供し、顧客の信頼を獲得する。
  3. 取引先との信頼関係
    公明正大な取引関係の上に取引先との信頼関係を築き、相互の発展を図る。
  4. 株主・債権者の理解と支持
    公正かつ透明な企業経営により、株主・債権者の理解と支持を得る。
  5. 社員・従業員の連携と自己発現への環境づくり
    社員・従業員が企業の一員として連帯感を持ち、自己の能力・活力を発揮できるような働きやすい環境づくりを行う。
  6. 社会とのコミュニケーション
    広く社会とのコミュニケーションを図るため、社会の要求に耳を傾けるとともに、必要な企業情報を積極的に開示する。
  7. 個人情報等の適正な管理
    個人等の情報、自社の秘密情報を適正に管理する。
  8. 政治・行政との関係
    政治・行政と健全かつ透明な関係を維持する。
  9. 反社会的勢力及び団体への対処
    社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは関係を持たない。
  10. 地域社会との共生
    地域の発展と快適で安全な生活に資する活動に協力するなど、積極的に社会貢献活動を行う。
ページトップへ